5月2日から5月5日の東急ハンズ ”HANDS DAYs” 手作り教室の様子を少しご紹介します。

4日間を終え、いろいろおしゃべりしながら楽しく作っていただけたこと。いろんな世代、いろんな方とのバスケット作りはいろんな意味で勉強になり貴重な4日を過ごすことができました。

この機会を与えてくださったシードジャパンの百武社長・アベニールポルテLLPの菅さま、スタッフの皆さま、東急ハンズの方々に感謝しております。 

アベニールポルテLLPさんのスタッフが撮影してくださった画像をお借りしています。

200905023.jpg

 5/2東急ハンズ心斎橋店での様子です。

たくさんの方が参加してくださり、テーブルいっぱいで少々狭くてやりにくかったかと思いますが、側面を編み上げバスケットの形ができてきている状況です。

ここまできて、バスケットの形に成ってくると出来上がりが楽しみになってくる頃です。20090503.jpg

 

 

 

5/3東急ハンズ心斎橋店での様子。

利発そうな小学生6年生のお嬢ちゃんも参加してくださり、大人に混じって黙々と編み上げいました。きっちりとしっかりとしたバスケットが出来上がり、喜んでお持ち帰りになり、同じ年頃の子供を持つ私としてはほっと嬉しかったですね。

 

20090505.jpg

 

5/5東急ハンズ 三ノ宮店での様子。

 

わざわざ大阪からこのマガジンかごを作るために電車に乗ってやってきてくださったご婦人。遠路はるばる足をお運びいただき、感謝の気持ちになりました。バスケット作りのちょっとしたアドバイスなど少々お分けいたしました。帰りには、バスケットの材料をお買い求めになって自宅で復習されると言っておられました。